講演のご依頼

当協会では教育機関や企業・団体を対象とした講演活動を実施しております。

●従業員の健康のために「姿勢改善プログラム」導入を検討する企業様へ
メンタルヘルス改善、組織生産性向上、肩こり・腰痛改善、企業価値向上など。
導入事例:姿勢改善プログラム(IT/メディア様)など多数。

●子ども達のみらいのために「姿勢教育」導入を検討する学校法人様へ
学力向上、運動能力の向上、自分を律する力の形成、健全な心身の育成など。
導入事例:元気姿勢教室(児童対象)、子どもの姿勢と健康(学校教員対象)など。

姿勢に関する講演にご興味がある、または講演を検討されている企業・団体様、教育機関の方は、下記「お問い合わせフォーム」より お気軽にお問合せください。

テレワークによる従業員の健康について考えている企業様へ

当協会では、15年前から座位についてとても大切に指導してきました。
テレワーク対応の指導にも力を入れております。

日本人は座り時間が世界で一番長い

Bauman et al,Am J Prev Med,2011

※オーストラリアの研究機関が22万2,497人を3年近く追跡調査(2011年)を行い、世界20カ国中、日本は一番座り時間が長い国(7時間)ということがわかりました。
 

2020年からはテレワークの増加に伴い、通勤など移動の減少がおき、自宅にいる時間が増え、必然的に座り時間が長くなったと思います。

座っている時間が長く、さらに不良姿勢でいると、疾病のリスクや様々な痛み、メンタルの不調を引き起こす要因となってきます。

※明治安田厚生事業団体力医学研究所が行なった調査
1日に12時間以上座っている人は、6時間未満の人に比べ、精神面での不調が約3倍も多いことも分かっていま
す。

※死亡リスク
1日8~11時間座っている人→総死亡リスク15%アップ

1日11時間以上座っている人→総死亡リスク40%アップ
(出典:Arch Intern Med. 2012;172(6):494-500.)

座り時間が長いと体の血流などの循環が落ちてしまいます。不良姿勢は更に循環を悪くしてしまいます。

座り時間を短くするのは勿論ですが、
・座り方を考えること
・デスクの環境を整えること
・効果的なエクササイズを小まめに行うこと
がとっても大事になってきます。

座り時間が世界一の日本だからこそ

姿勢を通し、従業員の健康を考えませんか?
当協会では、座り姿勢の指導、デスク環境の指導、エクササイズの指導に力を入れています。

座り時間が長い場合、小まめに立ち上がったり、効果的なエクササイズをする必要があります。

でもそれだけでなく、体に負担を掛ける要因を減らすことも大事です。

負担を減らすことは、理想的な姿勢やデスク環境を整える事です。

テレワークの環境はいかがでしょうか?
机やイスの高さは?
高さを変えられない場合どうしたらいい?
ノートPCの場合はどうしたらよい?
座卓の場合どうしたらいい


姿勢が悪い状態で、作業を一日中していれば確実に体の負担となってきます。

仕事や学習の時間を快適にすることは、体の痛みやメンタルの不調を減らす事だけでなく、仕事などの生産性にも関わります。

①姿勢について理解し考え、実施する
②デスクの環境と整える

③エクササイズを行う

当協会では、様々な企業で健康の講演をしてきました。オンラインでの講座も可能です。

ご興味がある方は、お気軽にお問合せ下さい。

 

お問い合わせフォーム

必要事項をご記入の後、「送信内容を確認する」ボタンで内容をご確認ください。
その後「送信する」ボタンでお問い合わせの受付が完了となります。

必須
必須

(例:山田太郎)

必須

(例:株式会社シーピーユー)

必須

(例:sample@yamadahp.jp)

必須

(例:sample@yamadahp.jp)

必須

(例:03-0000-0000)

必須

(都道府県からご記入ください)

必須

入力内容をご確認の上、「送信」ボタンでお問い合わせ完了となります。